★マカオ投資情報★

今注目のマカオ投資情報ブログ。 株から不動産まで詳しく解説。 マカオ最新ニュースも更新予定★

マカオ投資情報へようこそ!

 ●このサイトの目的
 ●マカオ関連株一覧
↓現在のランキングです。応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『小富豪のための香港金融案内』海外投資を楽しむ会(☆☆☆)

小富豪のための香港金融案内
海外投資を楽しむ会
洋経済新報社




かなり実践に即した内容になっています。
メインは、HSBC(香港上海銀行)、シティバンク香港への
現地での銀行口座の作り方になると思われます。
(ただし、現在ではかなり情報が古いです。)

この著書は、「香港」という金融における
特殊な地域を楽しむためのもので、
「香港の銀行で口座を開いたらこれだけお得ですよ」
というのを主張している本ではありません。
もっとぶっちゃけていえば、
普通の人が香港の銀行に口座を作ったところで、
メリットのようなものはほとんどありません。
単純に管理がめんどくさくなるくらいでしょうか。

手数料などが有利などあるにはあるのかもしれませんが、
送金にかなりの額がかかる。
日本国内で入出金があまり自由に出来ないなどを考えると、
非常にメリットが少ない。
香港に口座を作る場合のメリットになりそうなのは以下の点。
(香港上海銀行に限定)
①香港ドル、米ドル、ユーロなど外貨で預金する場合(一応)
②銀行の口座から、直接、香港を中心とした株、投資信託などが買える
③かなり安心感の高い銀行に資産を預けられる
 (HSBCの銀行としての格付けは世界でもかなりのものです。)
そのくらいでしょうか。

要するに、一番重要なのはネタになるということ。
これを起点に香港を普通の観光とは違った視点で楽しめるということ。
これでしょう。
実際に、資産がかなりの額に及ぶ人になれば、
大分、違う可能性も見えてくるのでしょうが。

さて、この著書は口座開設の仕方だけではなく、
香港の金融に関する話が、かなりわかりやすく書いてあります。
香港の金融制度は、基本的にかなり特殊なので勉強になります。
特に、香港の通貨管理は「カレンシーボード制」といって、
中央銀行の存在しない、特殊な制度が施行されています。
香港の基軸通貨である「香港ドル」というのは「米ドル」に対して、
レートが固定されており、さらに、貨幣の発行権が複数の銀行に所有されています。
(つまり同じ100ドル紙幣でも発行銀行数だけ違うデザインのものが存在するということです)
このような制度が、香港をアジア通貨危機から守ることに繋がったようです。

あくまで、スタートラインの知識の域は出ないレベルなので、
そのうちシンガポールなどと併せて、詳しく調べていきたいです。



目次

香港上海銀行(口座概要・開設編
口座活用編)
シティバンク香港


あなたのクリックが、他の方への読むチャンスを与えます!
↓現在のランキングです



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

香港上海銀行について

香港上海銀行香港上海銀行(ほんこんしゃんはいぎんこう, Hong Kong and Shanghai Banking Corporation)はロンドンに本拠を置く世界最大級の銀行金融グループである。略称は英語でHSBC、中国語で滙豐(「匯豊銀行」ではない、中国語の正式名

ワールドバンク100 2007年03月10日(Sat) 00:17


Hong Kong and Shanghai Banking Corporation)はロンドンに本拠を置く世界最大級の銀行金融グループである。略称は英語でHSBC、中国語で滙豐(「匯豊銀行」ではない、中国語の正式名

投資最新ガイド 2007年08月01日(Wed) 19:49


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。