★マカオ投資情報★

今注目のマカオ投資情報ブログ。 株から不動産まで詳しく解説。 マカオ最新ニュースも更新予定★

マカオ投資情報へようこそ!

 ●このサイトの目的
 ●マカオ関連株一覧
↓現在のランキングです。応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中国発、株価下落

「北京オリンピックがあるからね」
「まだまだ、中国は発展するからね」
これは、最近の中国の株式市場に対する評価です。

先日、上海市場が一日で約9%ほどの下落を見ました。
ご周知の通り、この下落は世界中の株式市場に波及しております。
昨年、日本で起きたライブドアショックなどとは異なり、
多くの投資家は、現状でも中国に対して
強気姿勢が多いように見受けられます。

実際のマーケットの動きとしても、
どうも、強く影響を受けているのが株だけで、
不動産などに波及している様子はなさそうです。

中国株がバブルかどうかというのは最近よく目にするところですが、
思うに、もしバブルであるとすれば、本格化はまだまだ先でしょう。

株価の急落を引き起こすのは、
必ずしも、影響力の強い市場ではなく、
流動性の低い市場であることが多いです。
アジア通貨危機なども、その一例でしょう。
その意味で、中国も流動性が低い市場という
カテゴリーに入らないこともないのですが、
今回着目するべき部分は、むしろ、中国の影響力の強さです。

先日も書いたように、
今回の動きで最も重要なのは、
「中国発で世界中に株価の下落が起こった」というところです。
今のところ、株式市場の完全な主役はアメリカです。
まだ小粒とはいえ、この市場に揺さぶりをかけることが
可能になった市場が台頭してきました。
それが、中国本土のマーケットというわけです。

今まで、中国本土の株価というのは、
世界の動きからは、思いっきりそっぽを向いていたわけで、
アメリカの動きに強く影響を受けることもなければ、
むろん、アメリカに影響を与えることなど皆無でした。

これまでの、中国の金融政策は
国内のみで収束する傾向がある「前哨戦」でした。
今回のケースが起こって、ようやく中国は、金融政策においても
世界との連動を本格的に意識しなくてはいけなくなるでしょう。
その意味では、今回の急落は株価にとって雑音であっても、
中国、及び世界の金融の動きにとっては
「節目」なのではと考えています。

膨張しつつある中国市場の舵取り、
これが、今後中国が、アメリカと金融において、
戦っていくことができる国になりうるかどうかの鍵になります。
日本は、1980~1990年代のバブルで舵取りに失敗しています。

イメージするのは簡単ですが、実現には多くの苦労が伴うでしょう。

aryu


あなたのクリックが、他の方への読むチャンスを与えます!
↓現在のランキングです



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

中国の影響力の強さ

そうかなー
けむりが上がったのが、たまたま中国だった、ってことだと思います。やっぱり根本の原因として米国の財政不均衡が原因だと思うが。それでちょっと調整がおきたんでしょう。

世界に資金あり杉。

| URL | 2007年03月24日(Sat)07:01 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

株価

株価株価(かぶか)とは株式市場における株式の価格のことという認識が強いが、正しくは「株式市場において、目的の株式に対して直近に約定があった値段」のことである。一方的に売りまたは買いの注文が多く、''約定に至らない''値段のことを''気配値''(

りなのブログ 2007年07月07日(Sat) 02:33


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。