★マカオ投資情報★

今注目のマカオ投資情報ブログ。 株から不動産まで詳しく解説。 マカオ最新ニュースも更新予定★

マカオ投資情報へようこそ!

 ●このサイトの目的
 ●マカオ関連株一覧
↓現在のランキングです。応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マカオの通貨パタカについて①

今回は、マカオの通貨について書いてみます。
こちらの情報は、マカオ在住の方に協力していただきました。
ありがとうございます。

マカオで使用される通貨は主に二種類です。
一つは、「香港ドル」。もう一つは「パタカ」です。
マカオの主要通貨はパタカということになっているのですが、
マカオは香港の影響力が非常に強いため、
香港ドルも、普通に使用することが可能です。
さらに、香港ドルとパタカはペッグされています。
要するに為替のレートが固定されているのですね。

「じゃあ、どちらの通貨でも同じなんですか?」
と質問されたとしたら答えはNOです。
理由は2つあります。
①為替レートが異なる。
②香港ドルよりパタカの方が使える場所が限られている。

①についてですが、
現在、香港ドルとパタカでは為替率が3%ほど異なります。
香港ドルのほうが少しだけ有利なわけです。
簡単に例を挙げると、
私たちが、マカオのレストランに行って、香港ドルで支払いをするとします。
そうすると、普通はパタカでお釣りが出てくるでしょう。
この場合、3%だけ為替率が有利な香港ドルを手に入れた、
レストランの方は、パタカでお金を払ってもらうよりも
ちょっとだけ得したことになります。
同じように、パタカでおつりをもらった私たちは、
香港ドルでもらうより、ちょっとだけ損することになるのです。

つまり、マカオで普通に暮らしている人にとっては、
パタカのほうが香港ドルより相対的に価値が低いために、
パタカを使いたがります。
要するに、街中ではパタカで買い物をしているというわけです。

次は②についてです。
香港ドルは、基軸通貨ではないものの、かなり広く取り扱われる通貨です。
マカオと香港で両方使えます。
最近では厳しくなってきていますが、
香港に近い中国本土内でも普通に使えたりします。
また、様々な国の両替屋で、Exchange可能な通貨として取り扱われています。

それと比較すると、パタカは極めてローカルな通貨です。
ひとたび、マカオ領内を出てしまうと殆ど使えません。
(一応、中国本土の珠海市の一部で使えるようではあります。)
また、マカオ領以外では、パタカは他の通貨にほとんどExchengeできません。
要するに、ローカルな通貨なので、両替商は扱っていないのです。

これは、海外旅行でマカオから日本に帰ってきたときに、
うっかりマカオでパタカを日本円などに戻すのをわすれてしまうと、
使えないし、両替もできないしで、
おもちゃのお金と一緒になってしまうのです。
使えるようにしたかったら、またマカオにどうぞ、というわけです。

「両方の通貨がつかえますよ」といっても、
実際には、このような違いが裏側にあるわけですね。
マカオに行った際には、この違いを思い出しながら、
香港ドルと、パタカでショッピングを楽しんでみてください。

aryu


あなたのクリックが、他の方への読むチャンスを与えます!
↓現在のランキングです


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パタカパタカ(Pataca)は通貨の単位。「パタカ」はスペイン語の「ペソ」に相当するポルトガル語である。現行通貨には中華人民共和国の特別行政区であるマカオで通用しているマカオ・パタカがある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipe

先物取引完全ガイド 2007年09月14日(Fri) 20:26


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。